2016年02月20日

ハズバンダリー・トレーニング

お久しぶりです
テストの嵐が終わりようやく春休みがやってきましたマルでございます

さて忙しさにかまけてブログを放置していた間にとある動物園に見学に行く機会がありました
そこでは診療室を見せていただいたり、保護鳥獣の野生復帰施設を見せていただいたり、キリンのハズバンダリー・トレーニングを見せていただいたりと貴重な体験ができました

ハズバンダリー・トレーニングとはその名のとおり「調教」の一つではあるんですが鞭で打ったりして訓練するものではなくうまくできたらおやつがもらえるという褒める方法でトレーニングが行われます。
また目的もお客さんに見せるためのものではなく医療行為を簡単に行うため
虎に尻尾を檻の間から出してもらって採血したり、熊に腕を出してもらって同じく採血したり、私の見学したキリンの場合はポールの先に鼻先をつけるとおやつ、そのポールで叩いた地面に足を延ばしたらおやつ、という風に誘導することで削蹄(人間でいう爪切り?)を行うことを目的としていました
これらの行為はどれも今までは麻酔をかけて大々的に行っていたものであり動物たちに負担をかけるものでした
このトレーニングを行うことによって無麻酔でも行えるようになると作業の簡便性、動物の負担軽減など様々な利点があります
海外で特に普及しているトレーニングだそうですが日本にも浸透するといいですね
このトレーニング、人に見せることが目的ではないので普通に動物園に行っても見れませんがYouTubeに動画がいくつかアップされているようです
気になる方は探してみてはいかがでしょうか
posted by マル at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。